健康ニュース

健康ニュースは日々健康で楽しい情報を
シンプルにお伝えするニュース記事です。
元気な毎日を目指していきましょう。

    カテゴリ: 話題



    1 Egg ★ :2019/11/19(火) 16:07:53.98 ID:o9p386Wv9.net

    今夜、日本代表とベネズエラ代表が対戦する [写真]=Getty Images

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦する。戦いの舞台となるのは、大阪のパナソニックスタジアム吹田。チケットはすでに完売となっており、満員のスタジアムで白熱したバトルが繰り広げられることだろう。

     最新のFIFAランキングで、日本は28位、ベネズエラは26位と非常に近い立場にある両チーム。果たして、どちらに軍配が上がるのか。ここでは、試合前に知っておきたい7つの情報を紹介する。

    ■1年ぶりの再戦

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    日本とベネズエラは、ちょうど1年前に対戦したばかり。両者は、2018年11月16日に大分で行われたキリンチャレンジカップ2018で激突。日本は前半終盤にDF酒井宏樹の代表初ゴールで先制したが、81分にPKを献上し、1-1のドローで試合を終えた。“森保ジャパン”の初陣からの連勝が「3」でストップした試合としても記憶されている。

    ■日本は負けなし

    昨年のゲームを含めて、両国が対戦するのは5度目のこと。すべて日本開催のキリンチャレンジカップが舞台となってきた。実は過去4戦のスコアはすべてイーブン(2010年:0-0、2012年:1-1、2014年:2-2、2018年:1-1)。しかし2014年の対戦では、ベネズエラが出場停止の選手を起用していたことが後日判明。FIFAの裁定によって、日本が3-0で勝利したこととなった。そのため公式記録上では日本の1勝3分けとなるが、実際には過去4試合連続ドローとなっており、今回こそ白黒をつけることができるのか注目される。

    ■半数以上が前回来日メンバー

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    1年ぶりのリターンマッチということもあり、ベネズエラ代表の顔ぶれはそれほど変わっていない。今回の来日メンバー24名のうち13名は、昨年の日本戦を経験した選手たち。1年前の対戦でPKを決めたMFトマス・リンコン(トリノ)やMFヤンヘル・エレーラ(グラナダ)、さらにエースFWのサロモン・ロンドン(大連一方)といった主力選手たちが順当に名を連ねている。一方、日本はMF中島翔哉(ポルト)やMF柴崎岳(デポルティーボ)ら、7名が1年前のベネズエラ戦を経験している。今回は4選手が初招集となるなど、日本の方がフレッシュなメンバーが多く、森保一監督がどのようなスタメンで試合に臨むのかは要注目だ。

    11/19(火) 14:06 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00999951-soccerk-socc&


    【【サッカー】1年ぶりに再戦!日本代表と対戦するベネズエラ代表は強い?】の続きを読む



    1 氷上の名無しさん@実況厳禁 :2019/04/13(土) 08:55:48.65 ID:jEYGdres0.net

    ●教え子は皆プレロテ低空ジャンプ
    ●2A+3Tを2回の安直でセコい戦略で、真似する日本女子が続出
    ●他選手のプロを次から次へとパクって教え子にやらせる(嫌がっていても)
    ●生徒が結果を出したら我が物顔で手柄アピールし、出せないと自分の責任はないとばかりにメディアの前で公然と生徒を批判
    ●他国のキスクラで選手そっちのけで1人でハイテンションで視聴者ドン引き


    ルール上OKなら何でもござれの三流コーチ濱田美栄ちゃんのアンチスレです
    教え子のsageはなるべく各選手のアンチスレでお願いします


    【【保身主義】濱田美栄アンチスレ2【出しゃばり】】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/18(月) 17:29:11.28 ID:XpOR40Ut9.net

    *取締法違反容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)は、以前から合成*MDMAだけでなく他の違法薬物にも手を出していたと供述し、薬物依存の深刻さが浮かび上がった。
    薬物事件では、元祖“セレ*レント”でアーティストのマリエ(32)の姉・玉木カリーヌ桂被告(37)も覚せい剤取締法違反で逮捕・起訴されていたことが判明。公判では逮捕歴7回、
    薬物依存に加え、“性依存”の壮絶な人生を送ってきたことが明らかになった。

    カリーヌ被告は慶応幼稚舎からエスカレーター式に慶大に進学。「嵐」の櫻井翔(37)とも同級生だった。
    かつてマリエがバラエティー「嵐の宿題くん」(2006~10年、日本テレビ系)にゲスト出演した際、嵐と初対面のマリエは「櫻井さんのことは知ってるんです。お姉ちゃんが同級生。
    カリーヌ」と言うと、櫻井は「おー、そっくりじゃん」と仰天していたことがあった。

    そのカリーヌ被告が覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた初公判が先日、横浜地裁(横倉雄一郎裁判官)で行われた。

    起訴状によると、今年の8月中旬から同27日の間、都内またはその周辺で覚醒剤を摂取して使用したとされる。
    同27日、交際する男と同居していた自宅に捜査当局の家宅捜索が入った。
    自宅から*が押収されて現行犯逮捕。その後、任意の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出て使用が発覚した。

    カリーヌ被告は幼少時からモデルとして活動し、女性向けファッション誌や国産車CMに出演している。
    すでに保釈中の被告は上下黒のスーツで、髪はやや茶髪がかったショート。目鼻立ちは整っており、モデルだけに背筋はピンと伸びていた。

    しかし、美しいルックスからは想像もつかないような壮絶な過去が検察の冒頭陳述で明らかになる。
    離婚歴は2回で、犯行当時は前述のように交際相手と同居していた。
    そして驚くべきは7件の前歴(逮捕歴)があったことだ。

    初めて違法薬物を使用したのは19歳。それ以後も、クラブに出入りしていた際に好意を持った男からの勧めで違法薬物を使用するようになった。
    23歳のときには、当時交際中の男から小さな塊を口に入れられ、後になって覚醒剤だと言われたという。

    被告人質問では、「19歳ぐらいのときに、父が住むカリフォルニアへ行った時に*を使った」と初めて違法薬物に手を出した出来事を淡々と振り返った。
    「必ず交際相手が持っていて、それを勧められた」。なぜ、使ったのかというと「相手から暴力を受けないため。*を吸うと優しくなる」と話した。

    *、覚醒剤など違法薬物は過去の男関係と切っても切れないものらしい。「性行為の際にも使っていた?」という弁護人の質問に「感覚がいつもより気持ちが良い」と答えた。
    ただ、自ら「使いたい」と言って求めたことはなく「相手に勧められたから。交際相手に嫌われるのが嫌だった」と語った。

    金を払って入手したのは一度だけ。「暴力を振るわれたくないから、交際相手の同級生の男から買った」という。

    今回の事件で最後に覚醒剤を使用したのは8月26日で、「覚醒剤を使えば、交際相手の男も喜ぶと思った」と取り調べで供述している。

    10代後半の息子もいるが、今は祖母、母親と3人で生活。母親は自宅ビルのテナント管理などをしている。証人出廷した母親は、娘の性格を「感情の起伏が激しくて、人に頼る。寂しがり屋でもある」と表現。
    娘の薬物使用・依存は知らなかったという。今後の更生を支えると約束した。

    7度の逮捕にもかかわらず、一度も起訴されていなかったのは異例だ。「売人でない」「自ら購入していない」「交際相手の影響で断れない」などの事情から起訴猶予なり不起訴なり判断されてきたのだろう。

    検察は「19歳から使用するなど違法薬物に対する親和性・依存性が認められる」として懲役1年6月を求刑した。

    最終陳述でカリーヌ被告は「子供にも言えないようなことをして、恥ずかしいと思っている…」と言葉を若干詰まらせていた。

    弁護側は執行猶予を求めて即日結審。判決は本人の誕生日である今月28日に言い渡される。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17398779/
    2019年11月18日 17時0分 東スポWeb


    【【芸能】沢尻だけじゃない マリエ姉の壮絶シャブ人生】の続きを読む



    1 名無し for all, all for 名無し :2019/09/17(火) 21:07:42.16 ID:tl1v/WWUa.net


    ワールドカップで中断中も熱く語れや

    前スレ
    【2019】関西大学ラグビーAリーグ その2
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/ovalball/1565015770/ VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvvv:1000:512:: EXT was configured


    【【2019】関西大学ラグビーAリーグ その3】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/19(火) 07:26:50 ID:7BoYxV999.net

    スペインから遠く離れた日本の地にいながら、所属チームの動向が気になった。国際Aマッチウィークでもリーグ戦が中断されない、ラ・リーガ2部の舞台で戦う日本代表MF柴崎岳は大阪市内のホテルで、
    日本時間18日未明に行われたデポルティボ・ラ・コルーニャの試合をチェックした。

    「もちろん結果は見ました。自分のチームですので」

    敵地でエストレマドゥーラUDと対戦したラ・コルーニャは、前半5分と同33分に奪われた失点を挽回できないまま0-2の黒星を喫していた。
    8月19日の開幕戦でレアル・オビエドに勝利して以来、15試合連続で勝ち星から見放される泥沼に*いる。
    15試合の内訳は7分け8敗。1999-00シーズンにはFCバルセロナやレアル・マドリードを抑え、ラ・リーガ1部を制した栄光の歴史をもつクラブが、いまでは22チームで争われるラ・リーガ2部の最下位に低迷
    残留圏となる18位のテネリフェに、勝ち点で5ポイント差をつけられている。

    シーズンの3分の1あまりを終えた段階で、早くも非常事態に陥ったラ・コルーニャで、柴崎は3試合続けて出場機会を得られないまま森保ジャパンへ合流していた。
    2シーズン所属した1部のヘタフェCFから、2部のラ・コルーニャへ新天地を求めた今シーズン。滑り出しは順調だった。

    森保ジャパンに招集され、チームを離れた9月および10月の2試合を除いて、ボランチもしくはインサイドハーフとして9試合で先発した。
    しかし、柴崎が不在だった10月14日のラス・パルマス戦から指揮を執る、ルイス・セサル・サンペドロ新監督のもとで風向きが大きく変わった。

    フル代表から戻った直後のマラガとの第12節戦こそボランチとして先発し、後半26分までプレーした柴崎だったが、
    サンタンデールとの第13節からは3試合続けてベンチで90分間を見届けてた柴崎は「ありのままを、現状として受け止めています」と静かに語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00010002-wordleafs-socc
    11/19(火) 6:26配信


    【【サッカー】なぜ森保監督はスペインで苦しむ柴崎岳を日本でのベネズエラ戦に帯同させたのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ