健康ニュース

健康ニュースは日々健康で楽しい情報を
シンプルにお伝えするニュース記事です。
元気な毎日を目指していきましょう。

    カテゴリ: その他


    イライラする原因は栄養不足にあった!?
    イライラする原因は栄養不足にあった!?  アサジョ (ブログ)
    (出典:アサジョ (ブログ))



    (出典 www.hungerfree.net)



    1 しじみ ★ :2018/08/28(火) 21:18:15.89 ID:CAP_USER.net

    【8月28日 AFP】大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の上昇が原因でコムギやコメといった主要穀物から有益な栄養素が徐々に失われる恐れがあるとの研究論文が27日、発表された。研究結果は、世界で多くの人々が栄養不足に陥ることへの懸念を高めるものだと、論文は警告している。

     英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジ(Nature Climate Change)に掲載された論文によると、現在の傾向が続けば、世界の主要穀物に含まれる鉄、亜鉛、タンパク質などの濃度がCO2濃度の上昇によって今世紀半ばまでに最大で17%低下することが考えられるという。

     論文の主執筆者で、米ハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard University T.H. Chan School of Public Health)の研究者のマシュー・スミス(Matthew Smith)氏は、AFPの取材に「主にアフリカ、東南アジア、インド、中東などの地域で、栄養不足の状態に陥る人が数億人増える恐れがある」と語った。また、現在すでに栄養不足の問題に直面している数十億人については、その状況がさらに悪化するとした。

     全世界で供給されるタンパク質、亜鉛、鉄の約40%は、コムギ、コメ、トウモロコシの世界3大穀物によってもたらされている。一般に、人が食事から摂取するタンパク質の約60%、鉄の約80%、亜鉛の約70%は、植物性食物からのものだ。

    ■予期せぬ影響

     大気中の過剰なCO2が、2050年までに世界の人々の健康に与える影響について調べるため、スミス氏と共同研究者のサミュエル・マイヤーズ(Samuel Myers)氏のチームは、151の国々で栽培されているさまざまな種類の食用植物225種についてモデル計算を行った。

     人類が現在の水準で石炭、石油、天然ガスなどの燃焼による温室効果ガスを放出し続けると、大気中のCO2濃度は2050年までに550ppmに達すると考えられる。現在の大気中CO2濃度は400ppm超となっている。

    ■影響が最も大きいのはインド

     モデルを使った計算の結果、この条件の下では、世界人口の2%近くに当たる1億7500万人が新たに亜鉛欠乏に陥り、1億2200万人が十分なタンパク質を摂取できなくなる可能性があることが分かった。

     鉄に関しては、女性と5歳未満の子ども約14億人に摂取量4%超の減少に直面する恐れがあり、そのうちの5億人には鉄欠乏に関連する病気発症のリスクがあるとされた。

     研究チームによると、最も大きな影響が及ぶ国はインドで、約5000万人が亜鉛の欠乏状態となり、最小必要量のタンパク質を取れない人も3800万人に上ることが考えられるという。その他、中国、インドネシア、バングラデシュ、ブラジル、ケニアや他の新興国と発展途上国でも、影響を受ける人々の数が劇的に増加するとされた。

     世界保健機関(WHO)によると、現状でも全世界の20億人あまりが、何らかの栄養素が不足した状態にあるという。(c)AFP

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3187470


    【【環境】大気中CO2濃度の上昇、農作物の栄養不足の急増招く恐れ 研究】の続きを読む


    コストかけずに上達できる趣味って何?「筋トレは全て兼ね備えている」「ウクレレ。安いと3000円からある」
    コストかけずに上達できる趣味って何?「筋トレは全て兼ね備えている」「ウクレレ。安いと3000円からある」  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 www.allin1.co.jp)



    1 しじみ ★ :2018/05/10(木) 17:14:08.63 ID:CAP_USER.net

    ■監獄で「自重トレーニング」を積み重ねた男は、関節やグリップ(握力)を疎かにしなかった――。
    元囚人による筋トレ本『プリズナートレーニング』続編が教えてくれること

    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    昨年の夏、日本で刊行されて大反響となった『プリズナートレーニング』
    (ポール・ウェイド著、山田雅久訳、CCCメディアハウス)という本がある。

    話題を呼んだ理由のひとつは、「ジム通い不要」「ダンベル不要」「プロテイン不要」と、
    近代的トレーニングに必須だと思われてきた要素をことごとく否定している点だ。

    理由のもうひとつは、著者に何のインストラクター資格も学位もなく、それどころか「元囚人」であるという希有な事実である。

    度重なる薬物犯罪の過ちによって刑務所の入退を繰り返した末、著者が延べ約20年にわたる監獄生活で身につけたのは、
    おのれの体ひとつで、外見と機能ともに究極の肉体を創り上げる「キャリステニクス」、すなわち「自重トレーニング」であった。

    ■なぜ「グリップ(握力)」と「関節」なのか

    「人生100年時代」といわれるようになった昨今、世間で定着しつつある健康ブームの一環で、
    特に筋力トレーニングを始める男性が増えてきた。

    腹筋が6つに割れて見える「シックスパック」や、
    鍛え上げられた大胸筋や広背筋によって形成された「逆三角形」の上半身に憧れ、ジム通いを始める人も多い。

    しかし、『プリズナートレーニング』の著者、ポール・ウェイドが述べる事実は一貫している。


     ■もし次のような話を聞きたいなら、この本を読むと時間の無駄になる。

    ・ウェイトを挙げろ
    ・10レップス3セットが基本
    ・ストレッチしろ
    ・1日6回食べろ
    ・プロテインを飲め

     わたしはこんなことは言わない――実際、わたしが口にすることのほとんどが、
    現代のフィットネスシーンがアピールする内容とは真逆になる(だから、効果があるのだが)。

    これは、著者の新著『プリズナートレーニング 超絶!!グリップ&関節編』(山田雅久訳、CCCメディアハウス)からの一節だ。

    著者は前作『プリズナートレーニング』で、
    胸・肩・背中・腹・太もも・上腕の筋肉を自重トレーニングのみでバランスよく鍛え上げる方法を伝授しているが、
    この続編でわれわれに指南してくれるのは「グリップ(握力)」と「関節」の鍛え方である。

    率直に言うと、地味な印象をぬぐえない。見栄えのいい肉体を手に入れたい筋トレファンの心に、どれだけ刺さるのだろうか。

    しかし著者によれば、グリップや関節にまで気を配りながら鍛え上げることで、見せかけだけではない、
    真に強靱な体を創り上げることができるのだ。そして、そのセルフコントロールは、むしろ器具を使わないからこそ有効だという。

    ■どこのジムに行っても、バーベルを挙げる時の助けにするため、リストストラップとフックを使う男たちを見かける。
    "もっと" 挙げられるようになるからだ、と彼らは言うが、それは違う。確かに腕はその重量を挙げている。
    しかし、手にはその重量を挙げる力がない。つまり、実際には挙げていない。
    肉体的な能力を解き放つのにストラップやフックがいつも必要だとしたら、それはおかしな話になる。
    ニセモノの習慣をつくるし、強さだって見せかけだ。(30~31ページ)

    ある道具やシステムの「強度」を考えるとき、基準とすべきなのは最も弱い部分である。
    著者によれば、「どんなシステムでも、たとえそれが単純なチェーンであっても、
    もっとも弱い連結部分がそのチェーン全体の強さを決める」のだ。

    著者は長い刑務所生活で何度もケガを負ったらしいが、トレーニングが原因の大きな負傷は一切ないという。
    おそらくは彼が、体の中で最も弱い部分となりやすいグリップや関節を、意識的に鍛えていた成果だろう。

    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/carrier/2018/05/post-10132.php

    続く)


    【【医学/健康】ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛えられる!】の続きを読む

    このページのトップヘ