健康ニュース

健康ニュースは日々健康で楽しい情報を
シンプルにお伝えするニュース記事です。
元気な毎日を目指していきましょう。

    カテゴリ: 健康


    子供の睡眠時間を確保せよ 家庭と学校が連携し日常的な指導を
    子供の睡眠時間を確保せよ 家庭と学校が連携し日常的な指導を  教育新聞
    (出典:教育新聞)



    1 みつを ★ :2018/10/08(月) 01:12:37.43 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35126535.html

    10代の睡眠時間、少ないと危険な行動増える 米調査
    2018.10.07 Sun posted at 16:38 JST


    (CNN) 米国の10代を対象にした調査で、睡眠時間が少ない10代は自殺など危険な行為を行う可能性が高まることがわかった。小児科関連の医学誌に調査結果が発表された。

    調査では睡眠時間について、「8時間かそれ以上」「7時間」「6時間かそれ以下」に分類。これらの睡眠時間と危険性の高い行為について測定を行った。

    調査によれば、学校がある日の前夜の平均の睡眠時間が少なくなると、安全でない行動を行う確率が高まるという。危険を冒すような行為とは、飲酒運転をはじめ、安全でない可能性のある性行為、攻撃的行動、アルコールやたばこ、ドラッグなどの使用が含まれる。

    夜間の睡眠が6時間未満の10代は、8時間以上睡眠をとる10代と比べて、自殺を考えたり、自殺を計画したり、自殺を試みたりする可能性が3倍以上に高まるという。また、治療が必要となる自殺未遂の可能性も4倍以上に高まる。

    研究者は2007年2月から15年5月の期間について若年層の危険を伴う行動に関する調査のデータを調べた。調査の結果、8時間の睡眠が推奨されているものの、高校生の70%以上がこれよりも少ない睡眠時間だった。

    今回の調査以前にも、睡眠時間が8時間未満の高校生は自ら不利な行動をとる危険性が高まる可能性が指摘されていたという。


    【【健康】10代の睡眠時間、少ないと危険な行動増える 米調査】の続きを読む


    その肩こり・腰痛の原因は栄養不足|名医が教える食べて治す慢性痛
    その肩こり・腰痛の原因は栄養不足|名医が教える食べて治す慢性痛  インフォシーク
    (出典:インフォシーク)



    (出典 www.katacori.org)



    1 ビタミン774mg :2006/03/12(日) 10:43:06 ID:P6AzIxJ9.net

    血液循環をいくらよくしても
    筋肉が緊張してると意味がないようですね
    でも筋弛緩薬は買えません
    ということで筋肉の緊張をほぐしてくれるサプリを紹介するスレです。


    【肩こり頭痛に効くサプリ】の続きを読む


    銭湯・スーパー銭湯に行く理由の1位は「大きい風呂に入りたいとき」
    銭湯・スーパー銭湯に行く理由の1位は「大きい風呂に入りたいとき」  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)



    1 癒されたい名無しさん :2015/01/03(土) 03:17:39.29 ID:5I1qjYWx.net

    みなさんは行かれますか?
    スーパー銭湯、健康ランドのマッサージについて語りましょう


    【スーパー銭湯、健康ランドのマッサージ】の続きを読む


    医師が運動を勧めても何もしない人が多い理由
    医師が運動を勧めても何もしない人が多い理由  日経ビジネスオンライン
    (出典:日経ビジネスオンライン)



    1 みつを ★ :2018/09/29(土) 20:07:19.44 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cnn.co.jp/tech/35126203.html

    画面見る時間の制限で子どもの認知力向上、睡眠や運動も関連
    2018.09.28 Fri posted at 17:15 JST


    (CNN) 子どもが余暇でスマートフォンなどの画面を見る時間を1日2時間以内に抑え、十分な睡眠と運動を心がければ、記憶力や注意力などの認知力向上につながる――。そんな研究結果が医学誌ランセットに発表された。

    研究チームは米国の8~11歳の子ども約4500人の生活実態を調べ、子どもの1日の行動目標を定めたカナダのガイドラインに照らして達成度を調査した。

    その結果、1日9~11時間の妨げられない睡眠が確保できている子どもは約51%。余暇で画面を見る時間が2時間以内にとどまる子どもは37%、毎日1時間以上体を動かしている子どもは18%だった。

    3つの目標が全て達成できていたのはわずか5%にすぎず、30%は1つも達成できていなかった。

    全対象者の平均では、1日の睡眠時間は9.1時間、余暇で画面を見る時間は3.6時間、運動目標を達成できていたのは週の平均で3.7日だった。

    それぞれの目標達成は、記憶力や注意力、情報処理速度、言語力といった認知力の向上と関係していることも分かった。3つの目標全てを達成した子どもは全般的な認知力が最も高く、次いで睡眠と画面を見る時間の2つの目標を達成した子ども、3番目は画面を見る時間の目標を達成した子どもの順だった。

    調査はカナダ・オンタリオ州の小児病院の研究チームが実施。米国立衛生研究所の助成を受けた脳の認知力の発達に関する研究データと、保護者に子どもの生活実態を尋ねた調査結果に基づいている。


    【【健康】スマホなどの画面見る時間の制限で子どもの認知力向上、睡眠や運動も関連 スマホは2時間まで】の続きを読む

    このページのトップヘ