健康ニュース

健康ニュースは日々健康で楽しい情報を
シンプルにお伝えするニュース記事です。
元気な毎日を目指していきましょう。



    1 Egg ★ :2020/02/10(月) 16:07:04 ID:jwKeHaRI9.net

    第92回アカデミー賞授賞式が現地時間9日に米・ハリウッドのドルビー・シアターで行われ、女優の松たか子が「アナと雪の女王2」の劇中歌「イントゥ・ジ・アンノウン」を熱唱。権威ある舞台で日本人史上初となる歌唱を披露した“日本のエルサ”に、海外ファンはSNS上で賞賛の嵐。「何て声なの」「世界最高の美声」と絶賛している。

    【写真】松たか子「レッドカーペットの着物姿」も海外で賞賛…“世界のエルサ”と登場した豪華レッドカーペット、実際の写真

     イディナ・メンゼルが圧倒的な声量で一番を歌い上げた後、松がオスカーの大舞台に登場した。

    「どうして、呼び続けているの」

     清楚さを醸しながら、堂々たる歌唱。センターを飾るメンゼルの隣という好位置で、世界から集結した9人のエルサ役の先陣を見事に飾った松。海外のファンもツイッターで称賛していた。

    「タカコ・マツがイディナ・メンゼルに続く、最初のエルサに 最高だ」
    「何てことなの タカコ・マツが日本のエルサに 私のお気に入り」
    「やばすぎる。その一人がタカコ・マツ。以前から女優として知っていたけど、この歌はすごい。とても感銘的だ」
    「タカコ・マツが登場したので幸せ」
    「タカコ・マツをオスカーで見れるとは。10年前の彼女の名作、告白をどうかチェックしてほしい」
    「タカコ・マツはイントゥ・ジ・アンノウンの日本版の歌手として、オスカーの舞台に上がった。伝説なパフォーマンスの夜に。何て声なの!」
    「タカコ・マツで大盛り上がりだ。みんな、私のお気に入りで、彼女が主役を務めたコクハクを見るべきだ」
    「タカコ・マツがイントゥ・ジ・アンノウンを歌っている。私はそれを見て泣きそうになりました。素晴らしかった」
    「タカコ・マツは世界最高の美声の持ち主」
    「タカコ・マツがオスカーに 見れて最高です」

     本場・米国のみならず、ブラジル、スペイン、ドイツ、タイなど世界各国の松マニアが興奮状態で賞賛していた。さらには「(日本版エルサの声)タカコ・マツに敬意。オスカーのレッドカーペットで着物姿」とレッドカーペットで披露した清楚な和装にも賞賛の声が上がっていた。

    2/10(月) 12:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-00010008-encount-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【映画】<松たか子>アカデミー賞で歌唱の快挙に海外から称賛の声 “日本のエルサ”に「世界最高の美声」】の続きを読む



    1 Egg ★ :2020/02/09(日) 22:59:47 ID:d2oGSxTJ9.net

    大会初優勝した羽生結弦(25)=ANA=だが、韓国で行われた大会でアウェーの立場を痛感させられた。

    【写真】あの感動をもう1度…羽生結弦の平昌五輪フリー

     自身の直前に演技した韓国のエース、車俊煥(チャ・ジュンファン)が氷上であいさつ。すると、ファンがスタンドから多くのぬいぐるみをリンクに投げ込んだ。羽生の出場する試合は、演技終了直後にくまのプーさんの縫いぐるみがファンから投げ込まれることが恒例だが、この日は全く逆の立場。リンクインを待たされた羽生は「今までは投げ込みがされる側で選手を待たせてしまう側だったんですけど…。新しい経験をさせていただきました」と話した。

    2/9(日) 22:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00010063-chuspo-spo

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【フィギュア】<羽生結弦>“アウェーの洗礼”韓国エース演技後に大量ぬいぐるみ…待たされる立場に「新しい経験」】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2020/02/06(木) 20:13:57.79 ID:8otx2nMQ9.net

     女優の深田恭子さんが2月6日、東京都内で行われた「2020年 エランドール賞」の授賞式にサプライズ登場した。同賞は映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰し、
    深田さんの主演ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で共演した俳優の横浜流星さんが新人賞を受賞し、祝福にかけつけた。深田さんは美しい背中があらわになった黒のドレス姿で会場を魅了。
    また壇上で横浜さんとハグをする一幕もあり、会場は大きな盛り上がりを見せた。

     深田さんは横浜さんに「流星君、本当におめでとうございます。作品中も役にストイックに入り込む流星くんを見ていて、そのあとも役に入り込み過ぎて大丈夫かなと思っていましたが、立派に活躍されていて
    うれしいです。また一緒に仕事をしたいです」と祝福の言葉を送った。

     エランドール賞の新人賞はスター性と演技力を兼ね備え、次代の映画やテレビを背負って立つことが期待される俳優に贈られる賞。今年は新人賞に横浜さん、神木隆之介さん、安藤サクラさん、
    清原果耶さん、吉沢亮さん、橋本環奈さんが選ばれた。

     また、特別賞は映画「新聞記者」の製作チームが受賞。プロデューサー賞は映画「翔んで埼玉」の若松央樹さんと古郡真也さん、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の
    清水拓哉さん、家冨未央さん、大越大士さん、プロデューサー奨励賞は映画「蜜蜂と遠雷」の石黒裕亮さん、連続ドラマ「凪のお暇」(TBS系)の中井芳彦さんが受賞した。 

    まんたんウェブ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-00000023-mantan-ent

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】<深田恭子>“美背中”見せドレスで会場魅了 横浜流星「エランドール賞」をサプライズ祝福】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2020/02/07(金) 18:37:59 ID:JZaqfr3G9.net

    日本製鉄は7日、2020年3月期の連結最終損益(国際会計基準)が4400億円の赤字(前期は2511億円の黒字)になる見通しだと発表した。従来予想は400億円の黒字だったが、一転過去最大の赤字となる。高炉の休止を決めた呉製鉄所(広島県呉市)は、23年9月末をメドに事実上閉鎖することを正式発表した。一連の生産設備の集約に伴い、減損損失を計上する。

    記者会見した宮本勝弘副社長は「大規模な減損損失の計上は誠に遺憾だ。経営体制をスリム化して早期に収益の回復を図りたい」と話した。

    売上高にあたる売上収益は前期比4%減の5兆9000億円。従来予想から2000億円下方修正した。国内外の鋼材需要の低迷や、台風や生産トラブルによる減産が響く。本業のもうけを示す事業損益は3100億円の赤字(前期は3369億円の黒字)となる見通し。未定としていた期末配当は無配にする。

    同日発表した19年4~12月期の連結決算は、売上収益が前年同期比2%減の4兆4760億円、最終損益が3573億円の赤字(前年同期は2066億円の黒字)だった。

    2020/2/7 15:13 (2020/2/7 17:01更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55375070X00C20A2000000/


    【【企業】日本製鉄、過去最大の最終赤字4400億円 呉製鉄所は23年閉鎖へ】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2020/02/07(金) 21:15:39 ID:JZaqfr3G9.net

    【2月7日 AFP】新型コロナウイルスについて研究している中国の科学者らは7日、絶滅が危惧されているセンザンコウが、中国国内でのウイルス感染拡大に関わった可能性があると指摘した。

     華南農業大学(South China Agricultural University)は、うろこのある哺乳類センザンコウが「中間宿主」になった可能性があると発表。ただ詳細については明らかにしていない。

     中国中部・湖北(Hubei)省武漢(Wuhan)の野生動物市場で昨年発生したとされるこの新型ウイルスの感染源はコウモリだと考えられる一方で、研究者らは、人への感染を媒介した「中間宿主」がいた可能性を示唆していた。

     国営新華社(Xinhua)通信は7日、同大の研究班が1000以上の野生動物の検体を調べたところ、センザンコウと人間の感染者から検出されたウイルスのゲノム配列が、99%一致することを突き止めたと伝えた。

     国際自然保護連合(IUCN)によると、センザンコウは世界で最も不正取引の対象になっている動物で、アジアとアフリカで密猟された数は過去10年で100万匹以上に上っているという。

     密猟されたセンザンコウは中国とベトナムに送られ、うろこは伝統薬の材料として用いられ、肉は闇市場で売買されるという。

     中国当局は先月、新型ウイルスの流行が落ち着くまで、野生動物取引の一時的な禁止を命じている。(c)AFP

    2020年2月7日 20:30
    https://www.afpbb.com/articles/-/3267275?cx_part=top_topstory&cx_position=1

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【新型コロナウイルス】絶滅危惧の「センザンコウ」も媒介か】の続きを読む

    このページのトップヘ